Presented by ALLGIFT

menu

気まぐれ東大生の思想

〜社会人2年目までの生き方〜

こんにちは。先日晴れて東京大学を卒業した青山です。
四年間お世話になった沢山の人達への感謝を述べるのを忘れていました。
「今までありがとうございました」
卒業式は大した節目では無いと思っていますし、感謝は日常の中でこそするものだと思っているのですが、やっぱりキリの良いところで伝えておかないとモヤっとしますね。
さて、これからのことについて。中には僕が院進するものだと思っていた人もいるかと思います。僕もそのつもりでした。
しかし、そもそも僕が大学院でしたかったのは自分の勉強であり、院に進むことで二年間の猶予をもらうことが目的でした。
しかし、同じ勉強するなら社会人として行った方が、社会のことも知ることができるし、アウトプットの経験もできる。それなら社会人の方が良いのではないか。
そのことに気づいたのは、もう既に世間では採用が終盤に差し掛かっている時であり、諦めて院試のための勉強をしようとしていました。
そんな時知るカフェにて、僕の入社先の企業の人事さんとこれから先僕がしたいことについての話を(知るカフェスタッフとして)していたところ、その企業に応募することを勧めていただき、そのまま就職が決定しました。
そもそも僕がしたかったのは自分の勉強であり、その実現の場として大学院ではなく社会を選びました。そのため、社会人2年目までは「どれだけインプットできるか」ということに徹しようと考えています。
今僕が勉強して達成したいテーマは2つです
⑴人間の専門家になること
⑵より洗練された青山和暉を作り上げること
どちらも以前紹介した僕の夢につながるものなのですが、人の心を動かすには人間の心について熟知していなければならない。そして、僕自身が人に憧れを持ってもらえるような人間でならなければならないと考えています。それで、上にあげた2つのテーマそって勉強をしていきたいと思っています。
これからは、インプット目当てに皆さんと会話する機会をどんどん作っていくことになると思いますが、どうか付き合ってやってください。

スポンサーリンク


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

↓ 新着記事の通知を受信したい方はこちらから


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031