Presented by ALLGIFT

menu

気まぐれ東大生の思想

〜社会人やってみた感想〜

こんにちは。
会社のグループの子に早速「変人認定」をいただきました青山和暉です。
僕が社会人になることを心底心配してくださっていた皆様、僕は大丈夫でした。
今は、毎朝5時に起きて6時出勤という生活を繰り返しています。(混むのが嫌なので早く出ています)
新しく出版された睡眠学の本を読み、今までの知識を更新し、その知識に基づいて帰宅してから翌朝出勤するまでのルーティーンを固定化しているのですが、随分日中覚醒時のクオリティが上がったように感じられます。
会社の子達は良い子が多く、研修の日々も楽しく送ることができています(飲み会に行かないというルールを自分に課してしまったので、そこは人間関係的に少し不安要素ではありますが)
社会人の初期段階としてはこの前紹介したテーマの「より洗練された青山和暉を作る」ことの中でも、セルフコンディショニング(自分のコンディションをいかに最高の状態に保つかということ)に絞って勉強をしています。
〜本当の繋がりは切れることはない〜
場所を移っても知るカフェのメンバーの何人かとはずっと関わっていきたい、
研究室にも一人、中学時代の友達にも一人、高校時代の友達にも若干名これからもずっと仲良くしていきたいと思っている人がいます。
多分、それは普通の人に比べたら少ないんだと思います。
ただ僕は、常々言ってきたように、誰に対しても僕という存在をそのままぶつけてきました。
なので、今僕に繋がっている縁という糸はありのままの自分に繋がっているもの。僕の人格の核に繋がっているもの。その糸の太さは相手によってそれぞれ違うかもしれませんが、その糸が繋がっているという事実は僕本体にとても大きな影響を及ぼしているのです。
僕はとても多くの面において、特徴的であるためしばしば大きな注目を集めます。また初対面の人ともまるで数年来の友人であるかのように話せてしまいます。なので、一時的に僕の周りにたくさんの人が集まるというのはよくあることです。
しかし、流されることなく自分をしっかりと貫いていると、中には僕から離れていく人がいるかもしれない。それは、その人の数だけ僕の人格が未熟だったということ。そんな中それでも近くにい続けていてくれる人に真剣に向き合っていくと、繋がりという糸が見えてくるのではないかなと考えています。
これからますます出会いと別れのスピードが加速していくものだと思われます。一層気を引き締めて自分を生きていきたいと思います。
P.S. 給料日がとても待ち遠しいです。週末は予定ガラ空きなので、社会人やってる人も学生やってる人もニートやってる人も遊んでください。

[quads id=1][quads id=2][quads id=3]
▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

↓ 新着記事の通知を受信したい方はこちらから


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930