これだけでかっこよくなれるファッション4つの基本

『ファッションの基本』

まず、ファッションの基本として

1番大切なのは『サイズ選び』です。

1 サイズ選びは最も大切
2 やりすぎは絶対にダメ
3 服は、少ない方が良い
4 量よりも質を大切にすること

これがとても大切な項目になります。
1個づつ見ていきましょう。

1 サイズ選びは最も大切

まず、あなたに今着ているサイズを
1度疑ってみて欲しいと思います。

例えば、今着ていらっしゃるジャケットのサイズがLサイズだとします。
本当にそのLサイズが合っているのかどうかは
実際にお店に行って試着をしないと、中々分からないです。

同じLサイズでも、
お店によってはすごく大きいものもあれば、
ちょっと小さめのものもあるんですね。

それを試着しないで買っていることがあるなら、
サイズを疑ってみてください。


[quads id=9]

ポイントは、

『いつもより1サイズ下のサイズを試着する』

ということです。

例えば、Lを普段着られている方でしたら、

LサイズとMサイズ両方を試着してください。

1サイズ下のサイズ、ちょっときついくらいでも十分なのです。

大きいくらいなら、少し小さめくらいのほうが正解です。

シルエットというのですが、
体のラインをしっかりと見せてあげた方が、ファッションはオシャレに見えます。
ですので、『大き目よりも小さめが正解』です。

ちょっと小さめ、むしろ本当に小さい感じのサイズ感を着るんですね。
それぐらいの方がかえって潔さがあるし、
体のラインを見せることで、こなれた雰囲気を出すことができます。
なので、

サイズは小さなサイズを選ぶと素敵な着こなしができます。

2 やりすぎは絶対にダメ

ファッションに興味を持ち始めると、陥りやすいのはこの点です。
どんどんどんどんエスカレートしていって、
ものがどんどん派手になっていく方がいます。

例えばシャツ。

ボタンの色が白ではなく、黒だったり、
ちょっと変わった色のボタンをしていたり、
ボタンの縫い糸の色、色がピンクとか赤とか黒とか、
そういった部分に凝った服を着ている方がいらっしゃるんですが、
これは絶対にNGです。

本当に良いアイテムというのは、
そのような小細工じみた小さいところの演出は、
かえってやっていないのが多いです。

このようなボタンの色だとか縫い糸にこだわっているシャツは、
通販で3枚で5000円とか
非常に安い値段で売られているようなシャツに多くみられる傾向です。

こういったシャツはなんで派手なのかというと、
値段が安い分、素材があまり良くないので、
できる限りデザインで盛り付けをすることで、
特別感を出そうというのが目的なんですが、
そのようなシャツはすごく軽い印象になりますし、
チャラついたイメージになりますので、絶対に止めておいた方がいいです。

『アクセサリーの重ね付け』
これもNGです。

例えば、「ネックレス」「指輪」「チェーン」とか、
割とこういったアクセサリーに走ってしまう人が多いんですが、

アクセサリーは基本的に要らないです。0でも良いです。

アクセサリーをすると、
やりすぎの色っぽさが出て、軽い印象になりますので、

アクセサリーはシンプルになしで行っても大丈夫です。

あとは、奇抜なファッションアイテム。
具体的にいえば、
レザーのジャケットだったり、ごつめのアクセサリー、
H&MやForever 21といったショップに売られているような
ちょっと過激なTシャツとか柄のあるものは
もう大人の方では着なくてもいいアイテムです。

要は、

シンプルに構成するのが大人のファッションとして大切

なので、奇抜なファッションは控える。

3 服は、少ない方が良い

例えば、

『休日用のジャケットが1枚』
『休日用のシャツが2枚』
『デニムやチノパンといったボトムスが2枚』
『休日用の靴が2足』

これぐらいあれば、極端な話、十分に回すことが出来ます。
本当に寒いときのアイテムは入ってないですが、

これぐらい厳選してしまっても、
実は休日のファッションは足りるんです。

なぜかと言うと、1週間のうち、休日は2日間くらいですよね。
外に出て色んな場所に行くというのは、
週に1回という方もいらっしゃると思います。
なので週2日間を回せれば十分なんですね。

数が多ければ良いというものではなくて、
むしろ数は少ない方がいいです。
なので量はどんどん減らしていきます。

量よりも大切なのは断然に質です。

たくさんの物をもっているよりも、
1点1点のクオリティーが高いほうが大切です。

選ぶときのポイントは、

『今の価値観で選ぶのではなく、5年後もこのアイテムが着れるかどうか』

を考慮してアイテムを買うようにしてください。

例えば、ジャケット。
ユニクロで買ったジャケットを5年後も着れますか?
品質的に非常に厳しいものがあると思います。

でも、ジャケット1着に4万円くらい出費したとします。
そうすると、そのジャケットを5年後も着ていることは
十分に可能性として考えられます。

良い物を買えば5年後、7年後、
物によっては、革製品であれば10年、15年
という長い月日を使っていただくことが出来るので、

買う時には必ず5年後の自分が着れるかどうか

を基準に選んでください。

『良い物を長く使う』

これが絶対的な条件ですね。

例えば、

・靴を1足だけを毎日毎日毎日履いて使いつぶして、次の靴に買い替える人

・1足ちょっと高いんですけれども、
もう10年ぐらい手入れをしながら味わいが出ながら使っているという人

2人がいらっしゃるとしたら、どちらの人のほうが魅力を感じると思いますか?

断然、後者の方が印象が良いです。

良い物を、しっかりと値段を投資しながら
長く使うことをあなたにもおすすめします。


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for これだけでかっこよくなれるファッション4つの基本

Leave a reply

Required fields are marked *