5つの見極め方&選び方

5つの見極め方&選び方

1 ショップ選びさえ間違えなければモテファッションになれる!

ショップ選びは基本中の基本

 服を選ぶ前にショップを正しく選べないと、センスアップはできません。多くの人がショップ選びにおいて、 重大なミスを犯しているのです。

「絶対に行ってはいけないショップ」
「電車賃を払ってでもいくべきショップ」

というものがあるのです。


[quads id=7]
 ショップの選択を間違えなければ、モテ服ファッションの6割は達成すると言えるでしょう。それほどショップ選びは大切です。

 あなたが行くべきショップは限られています。ここで紹介するショップ以外は選択肢から外した方が、ファッション初心者の内は良いです。

2 年寄り向けの服をきたら年寄りになる

*客の年齢層が広いショップは、なぜあなたにとってデメリットなのか?

「ダイエー」「ユニクロ」「GAP」などターゲットの年齢層が幅広いショップはあなたにとってメリットはありません。では、逆にデメリットとしてはどんなことが挙げられるのか?

 ファッションを評価するのは人間です。だから、あなたは女性に評価されるファッションをすべきです。女性はメンズファッションを評価するときに相対的にチェックします。

 女性の周りの友人、兄弟、 父親、元彼、テレビの芸能人なども踏まえて、今まで見てきた男性のファッションと比較して、あなたがオシャレかどうかを見極めています。


[quads id=8]
 年齢層が幅広いショップの服は、老若男女が着ている可能性が高いです。たとえば、60 代のおじいさんが着ている服を30代のあなたが着ていたら、どうでしょう? 逆に、20代のセンスある若者しか着ていないショップの服を着ていたら、実際は30代でも20代に見えます。

 だから、「どんな年代の人でも購入する可能性があるショップ」「ダサい人がよく着ている服を販売しているショップ」
これらは避けてください。

 逆に、センスある 20代の若者に人気のあるショップを選びましょう。これらのショップは「女性が思う彼氏に着用してもらいたい服を販売しているショップ人気ランキング」で上位を占めています。

3 ここを読めば行くべきショップがわかる!

*あなたに似合うオシャレな服を販売しているショップは限られています。 企業のマーケティングに踊らされずに厳選ショップを見極める3つのポイント

・セレクトショップか? オンリーショップか?

セレクトショップを活用しましょう。ここにはセレクトされた商品とオリジナル商品が販売されています。セレクトショップのオリジナル商品には、値段相応のデザイン力があると言えます。 セレクトショップをチョイスしましょう。

 ショップでいえば、

SHIPS(シップス)
BEAMS(ビームス)
UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)・
EDIFICE(エディフィス)
nano・universe(ナノ・ユニバース)
ABAHOUSE (アバハウス)

など、バイヤーと呼ばれる職業の人が買いつけした商品とオリジナルの商品を、両方置いてあるショップです。

 セレクトショップに対して、オンリーショップという言葉があります。オンリーショップはルイヴィトン・グッチなどブランド力があるメーカーもそうですが、ユニクロ・GAP・無印良品など量販店も含まれます。


[quads id=9]
・20 代のオシャレな若者のお客が多くいるショップ
 10代は学生が多く子どもです。
30代・40代の人が20代のオシャレな人と同じ服を着ても若作りにはなりません。

 同じ服を着ている人たちがオシャレな若者なら、その服を着ているあなたも若くオシャレに見えるものです。部分的に格好を変えると若作りになりますが、 全身変えると隙はなく若返りです。また、店員さんが自分の体型と合っていて、日常着にふさわしいオシャレをしているならば、好感が持てます。

・ファッション誌に掲載されているショップ

 ファッション誌に掲載されるということはオシャレというブランドイメージを少なからずPRしています。上手くブランドイメージを作っているショップを活用した方がポイントは高いです。

10代~20代中盤 MEN’S NON・NO(メンズノンノ)・smart (スマート)
20代~30代 Men’sJOKER(メンズジョーカー)
30代~ メンズクラブ・Gainer (ゲイナー)

などに掲載されているショップが妥当です。

4 道路に面している1階にあるお店に入れ

*数あるブランドの中で、あなたに合うショップを簡単に見つける2つのステップとは?

 人気あるセレクトショップを手っ取り早く見つける方法としては、路面店を持っているショップを見つけるということです。服を販売しているショップには大きく4つに分かれます。

百貨店・・・百貨店とは「西武デパート」「高島屋」「伊勢丹」などデパートと呼ばれるものです。これらは少し値段が高いということ、また、よいショップもたくさんあるが、 若干、中年向けブランドも入っているので、リスクが残る。

ファッションビル・・・OIOI・パルコなどアパレルショップを専門で入れているショップ。 10代にはオシャレだが、「OIOIで服を購入している」と知られること自体が、20代以降では若干、恥ずかしいというイメージがある。

量販店・・・ダイエー・ユニクロ・GAP・無印良品・ジーンズメイトなど。 中には掘り出し物のアイテムもあるが、基本的にはターゲットと している年齢層が幅広い為、リスクが高い。

セレクトショップ路面店・・・路面に接しているセレクトショップは感度の高いアイテムが多く、外す可能性が少ないと言えます。

セレクトショップ路面店は何かのビルにあるというよりも 道路に面している1 階にある店舗のことです。

 色々な方に話しを聞くと、オシャレなショップに行くと緊張してしまい、店の中を奥まで見ることが出来ず、 帰ってしまうという話を多く聞きます。

5 入店してから素早くチェックすべき3つのポイント

①店のどのコーナーに何が置いてあるかをチェック

②目的の欲しいアイテムを広げてチェック

 買うか分からないのに広げるのは申し訳ないという声もよく聞きますが、こちらは掘り出し物であれば買うわけです。探すために服を広げることは悪いことではないです。

 このとき『服のカット』を見ます。上着であれば、胴回りが直線か? 内側にえぐれた曲線か?もちろん、えぐれていた方が 太っている・痩せているに関わらず、シェイプが効いているので、着痩せして見えます。

・③気になるアイテムがあれば試着をする

 このときに その服だけを試着すると、いいか悪いか判断できないので、必ずもう 1 着、 違うアイテムも試着しましょう。
 パンツを探しているなら、別の形のパンツ。シャツならば別のシャツ。比較して、両方ともピンとこないなら、両方とも検討。気になったアイテムが明らかに着痩せして見えるなら、それは正解です。 痩せている人も無駄な部分が余っていないかどうか、チェックしましょう。


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for 5つの見極め方&選び方

Leave a reply

Required fields are marked *