バーゲンセールの真実&ファッションセンスを高めるクローゼット整理のやり方

セールは卒業

バーゲンセールに
良いものはほとんど残っていないと思ってください。

季節の始めに出てくる商品が
バーゲンセールまで残っているかどうかまでチェックすると、

本当に良い物はバーゲンまで残らないです。

そして、モテコーデライフご案内している
ベーシックなアイテムは、そもそもセールにならない場合も多いです。

そのシーズンに売らなくてもいいという商品、
来シーズンも再来シーズンも使えるようなアイテムは、
バーゲンする必要がないので、安くならない事があるんですね。

本当に買わなくちゃいけないものというのは、
バーゲンセールでは1個もないです。

1個もない、ちょっと言い切りましたけれども、
それくらいに思っていただいて良いです。
それを見極めて買うにはかなり時間が要ります。

バーゲンに行ったら、安さにつられて、
あれも欲しいこれも欲しいという気持ちについつい走ってしまうので、
基準が出来るまではバーゲンセールは使わなくていいです。


[quads id=7]

アイテムを買う時期というのが決まっています。

だいたい春夏ものであれば3月~4月。
この間に買い物をするようにしてください。

これくらいの季節に1番物がたくさんあります。
商品が充実していてサイズの切れているものがない。
なので、この時期に買い物するのが正解です。

秋冬であれば9月~10月まで。
これくらいまでの時期に、
買い物を済ませてしまうのが1番いいです。

お客さんもそんなにたくさんいらっしゃらないです。

『クローゼット整理』

ファッションは、
まずは買うことが大切と思われるかもしれませんが、
実は逆なんですね。

まずは、
これまで培ってきたファッションの感覚を
1度リセットする必要があります。

間違った感覚で選んできた可能性があるので、
そういったファッションアイテムを1度整理をして、
空いたスペースに新しい服を入れていかなくてはいけないです。

買ってから捨てるというのは順番が逆ですので、

必ずクローゼット整理から始めて下さい。買う前に捨てる。

捨てなければ何も始まらないと考えていただければと思います。


[quads id=8]

では、クローゼット整理の方法についてお伝えします。

まずはクローゼットを開きます。
そして、クローゼットの中から

すべての服を全部外に出します。

クローゼットの中にしまいきれていないものがありましたら、
そういったものも含めて全て外に出して下さい。

外に出したら、ジャンル別に分けていきます。

例えば、

「Tシャツのジャンル」
「シャツのジャンル」
「ボトムスのジャンル」
「ジャケットのジャンル」
「パーカーのジャンル」

といった具合に、同じようなアイテム群で分けてあげます。

そうすることで、
『なんかセーターみたいなのいっぱい持っているな』
『ジャケットって1着も持ってないな』とか、
どのジャンルのアイテムがたくさんあって、どれが少ないのかが見えます。

なので、

ジャンル別に分けることが
クローゼット整理の2番目として大切なことです。


[quads id=9]

3番目、

必要最低限の数だけをクローゼットに収納していく。

ここでは、まだアイテムを買っていませんので、
どんどんどんどんクローゼットの中のアイテムを
刷新する必要があります。

なので、必要最低限まで絞っていきます。
具体的に見ていきましょう。

・ジャケット
・ジャケットの上に着るようなアウター
・休日用のシャツ

これらは、1着で大丈夫です。

『おいおい、さすがに少ないんじゃないか??』
とその理由は後ほどお伝えします。

そしてパンツ。

・ジーンズやチノパンですとか色々あると思うんですが、
基本は1本。
・中に着るインナー、Tシャツは2枚。

これだけあれば、まずは大丈夫です。
これから色々なアイテムをおすすめして、
ご購入いただくと思うのですが、
買った後にこれらのアイテムも全部捨ててしまってもいいです。

・必要最低限のアイテムだけ残し、クローゼットに隙間を作る。
・新しい商品を買ってプラスをしていく。
・新しい商品がつのってきたら、
クローゼットに残していたアイテムも捨ててしまって良い。

『全てのアイテムを入れ替えていく』

それぐらいの覚悟でいてください。


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for バーゲンセールの真実&ファッションセンスを高めるクローゼット整理のやり方

Leave a reply

Required fields are marked *