不器用さんもOK!! へアアイロンなしで出来る “ヘアベース” づくり

不器用さんもOK!! へアアイロンなしで出来る “ヘアベース” づくり

taw2016083112

 ヘアアレンジがキレイに仕上がるかどうかの決め手は “ベース作り” にありますよね!! アレンジを始める前にへアアイロンなどで髪を巻いておくだけで、へアアレンジの完成が一段と今っぽくなります♡

 けれど、ヘアアレンジの前の “ベース作り” に戸惑う不器用さんも多いハズ。雑誌のヘアアレンジ特集なんかでも「まずは髪をへアアイロンで巻いた状態からスタート♪」なんて書いてあると、それだけでテンションが下がっちゃいますよね・・・。


[quads id=7]

 そこで今回は、へアアイロンを使わずに出来るベース作りを “髪のタイプ” にあわせてご紹介します!! 今までベース作りでつまずいていた人も、この方法をチェックすれば明日からのヘアアレンジが格段と簡単に & かわいくなりますよ♡

“くせ毛さん” におすすめのベース作り

31

ブローの力で内巻きにセット♪

 くせ毛さんには、ドライヤーとブラシを使って髪の毛を「内巻き」にブローするのがおすすめです。こうすることで毛先の流れに内巻きの流れができて、ヘアアレンジをしたときにこなれた印象を与えてくれます!くせ毛を全部直そうとしなくていいので、くせ毛を生かしつつ、毛先を内巻きにするようにブローしていきましょう。


[quads id=8]

 お風呂上がりで髪を乾かすときに内巻きにブローしておいて、朝ヘアアラン時の前にもう一度内巻きにブロー。この二段階のブローで毛先の流れがまとまりやすくなります☆

“直毛さん” におすすめのベース作り

fab429b4-5908-4067-b705-d1754ae7b5db

“三つ編み” をするだけで「ゆるやかウェーブ」をゲット☆

 「ブローだけではどうしても髪の毛がいうことを聞いてくれない!」という直毛さんには、寝る前の三つ編みでゆるやかウェーブを作るのがおすすめ。

 両耳のまえの髪の毛を左右それぞれ三つ編みにしたら、のこったバックの髪の毛も中心で2等分してそれぞれ三つ編みにして、計4つの三つ編みを作ります。ポイントは、根元から毛先までキツめに三つ編みをすること。そうすることで、翌朝にはゆるやかなウェーブができて、ヘアアレンジがぐっと華やかになります♪

“硬毛さん” におすすめのベース作り

9c38b411427d095e2f324af016ed7405

スタイリング剤で潤いを与える♡

 動きが出にくい硬毛さんは、ヘアアレンジ後にスプレーなどでキープすることより、ヘアアレンジ前に髪に “潤い” を与えることにフォーカスしましょう!!

 ワックスやムースは髪に潤いやしなやかさを与えるタイプのものをチョイスし、ヘアアレンジを始める前に、髪の毛の中心~毛先によく伸ばしていきます。

 潤いが加わることでヘアアレンジをするときに髪が扱いやすくなるのはもちろん、仕上がったヘアスタイルにまとまりが出て、硬毛さんに起こりやすい「髪のパサパサ感」を解消してくれます♪

“ベタ毛さん” におすすめのベース作り

20245_original

ニュアンスミストをうまく使って☆

 髪がべたっとなって、トップにボリュームがでにくい “ベタ毛さん” 。ヘアアレンジの前には「根本を立たせるベース作り」をしましょう!


[quads id=9]

 お助けアイテムとなるニュアンスミストは、髪にふわっとしたラフなエアリー感が出るものをチョイス。流れの反対側に髪を持ち上げ、かき分けるようにミストを吹き付けていきましょう。

 手ぐしでミストをもみ込むようにつければ、べたっとなりやすいトップにもふんわりと立体感が生まれます♡

“広がる髪” におすすめのベース作り

fotolia_92141212_xs

くせをうまく生かして、ボリュームをプラス♪

 ストレートなダウンスタイルでは髪をまとめるのが大変な “広がる髪質” 。 実は、立体感のあるヘアアレンジにはもってこいの髪型なんです!!

 下を向いて髪がすべて頭の前方に行くようにかきあげたら、根元に空気を入れるイメージで手ぐしでボリュームアップさせていきましょう。適度のボリュームが加わったら前を向いて髪を戻します。

 髪全体に自然な立体感が生まれ、ヘアアレンジの準備はバッチリです♡


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for 不器用さんもOK!! へアアイロンなしで出来る “ヘアベース” づくり

Leave a reply

Required fields are marked *