年齢別おすすめファッション雑誌&ショップ

年齢別おすすめファッション雑誌&ショップ

体型別ファッション

 ここでは、太っている人・痩せている人の
ファッションの選び方をお伝えします。

 太っている人も痩せている人も、
どちらも体型をカバーしようと、
自分よりも大きめの服を選ぶ傾向にあります。

 大きめの服は確かに体型をカバーできるのですが、
ここではもう一歩踏み込んだお洒落な選び方をしてみましょう。

 太っている人・痩せている人の
体型がキレイに見える選び方は

「自分の体型よりもちょっとゆるめ」の服を選ぶことです。

 大き過ぎてはいけません。
あくまで「ちょっと」ゆるめのものを選びます。

太っている人

 太っている体型をカバーするためには、
「I ライン」と「黒」を意識したコーディネートを心がけます。
キャプチャ
I ラインの縦長効果と黒の引き締め効果で
実際よりも身体が締まって見えます。


[quads id=7]
失敗例はこちら・・・
キャプチャ1
 左は「黒一色」で、縦長のラインがどこにも入っていないため、
「黒いカタマリ」のように見えてしまいます。

太っている人の、黒の一色使いは逆効果です。

 右はぴったりした服を選んだため、体型のラインが出過ぎています。

 太っている人が体のラインを出してしまうと
I ライン効果も薄れますので、
体型をカバーするためにも「ちょっとゆるめ」の服を選びましょう。

 ただ、完全にサイズが大きめのものを選んでしまいますと、
だらしなさや体型が強調されてしまいますので注意です。

痩せている人

キャプチャ2

 痩せている体型をカバーするためには、
基本的に「重ね着」「膨張色」
を活用するといいです。

 夏なら上に一枚シャツを羽織ったり、
冬であればボリュームある膨張色のマフラーでボリュームを出します。

 黒っぽい服を着てしまうと、
引き締め効果で身体がさらに華奢に見えてしまうので、避けるといいです。


[quads id=8]
失敗例はこちら・・・
キャプチャ3
 左は、引き締め効果の黒を上下で使っているので、
全体がさらに細く見え、ガリガリな印象を与えます。

 右は、上半身は膨張色を使っているのですが、
生足を出すことで脚の細さが強調されてしまいます。

  女性は、自分よりも男性の脚の方が細いと
恥ずかしがる女性もいますので、

痩せている人は、脚の細さが分かるファッションは、
あまりおすすめしません。

年代別ファッションのポイント

 女性受けの良いファッションは
「キレイめ・カジュアル系」です。

というより、「キレイめ・カジュアル系」が嫌いな女性は超少数派です。

 より多くの女性に受け入れられるファッションです。

 ここでは、20 代・30 代・40 代以上といった年代別に、
女性受けするファッションのポイントをお伝えします。


[quads id=9]

10代後半から20代

 「キレイめ」「カジュアル系」のファッション誌なら

「Men’s JOKER」
「MEN’S NON・NO」

が詳しいので一読をオススメします。

Men’s JOKER(メンズジョーカー)
http://www.kk-bestsellers.com/magazine/mj/
キャプチャ4

MEN’S NON・NO(メンズノンノ)
http://www.mensnonno.jp/
キャプチャ5

 ファッション誌を手に取ったことがないのであれば、
まずはこの雑誌から読んでみてください。

 服を買うのであれば、
いきなり1つのブランドを選ぶよりも、
まずはセレクトショップで多くのブランドに触れてみましょう。

おすすめの三大セレクトショップは

「BEAMS」
「SHIPS」
「UNITED ARROWS」

です。

安定のカジュアル
BEAMS(ビームス)
http://www.beams.co.jp/
キャプチャ6
爽やか系男子を目指すなら
SHIPS(シップス)

http://www.shipsltd.co.jp/
キャプチャ7
女子受け最強
UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)
http://www.united-arrows.jp

キャプチャ8

 これらのセレクトショップは知名度もあり、多くの人から支持されているので、
初心者が着ても女性から減点されることは少なくおすすめです。

 あとは、
 

エッジを効かせるなら
nano・universe(ナノ・ユニバース)
http://www.nanouniverse.jp
キャプチャ9

 

エッジよりも落ち着き重視なら
Urban Research (アーバンリサーチ)
http://www.urban-research.co.jp
キャプチャ10
ちょっと個性的でお値段高めは
TOMORROWLAND(トゥモローランド)
http://www.tomorrowland.co.jp/
キャプチャ11

 ブランドで言えば、

長年着るなら「DIESEL(ディーゼル)」
安くてオシャレなら「H&M(エイチアンドエム)」

もいいです。

 これらは男女共通ブランドですので、
女性と会話するときの話のネタにもなります。

30 代

 30 代では、若さだけでなく
大人の落ち着きも出していきたいです。

 ブランド物も 30 代であればしっかり着こなせます。
安物の服ではなく、上質の服を着るよう心掛けると好印象です。
 
 そんな 30 代、大人カジュアル向けの雑誌は

「2nd」
「Begin」
「MEN’S CLUB」

などがあります。

2nd(セカンド)
http://www.sideriver.com/2nd/
キャプチャ12
Begin(ビギン)
http://www.e-begin.jp/begin/
キャプチャ13
MEN’S CLUB(メンズクラブ)
http://www.hearst.co.jp/ad/mensclub
13

 立読みでも結構ですので、まずは雰囲気をつかんでみてください。

 服は、20 代でリストアップした

「BEAMS」
「SHIPS」
「UNITED ARROWS」

も引き続き着て OK です。

 ただ、これらをメインに置いてしまうと
若さよりも幼さが出てしまうので注意が必要です。

 これら「BEAMS」「SHIPS」「UNITED ARROWS」
の使い方としては、

たとえば

ブランドジャケットの下にインナーとして着る
メインは上質のジャケットで、パンツに取り入れる

などして 1~2アイテムくらいに抑えておくことをおすすめします。

30 代におすすめのショップ

アメリカの高級百貨店
Barneys New York (バーニーズニューヨーク)
http://www.barneys.co.jp/
キャプチャ14
「手の届く上質」がテーマの
ESTNATION (エストネーション)
https://www.estnation.co.jp/
キャプチャ15
ファストファッションでも遊びの効いたデザインなら
ZARA(ザラ)
http://www.zara.com/jp/
キャプチャ16
といった選択肢があります。

 ブランドを取り入れるのであれば、

「Paul Smith(ポールスミス)」
「Paul Stuart(ポールスチュアート)」
「TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)」

といったハズレのないものがおすすめです。

40 代以上

 40 代以上の男性に女性が求めるものは「落ち着き」と「頼りがい」です。

 ここで、変に若者ぶっては魅力半減で NG ですので。

上質&上品なコーディネートで攻めましょう。

 40 代向け雑誌には

「MEN’S EX」
「UOMO」
「OCEANS」

といった
30 代後半~向けのスマートカジュアル誌があります。

MEN’S EX(メンズイーエックス)
http://www.mens-ex.jp
キャプチャ17
UOMO(ウオモ)
http://www.webuomo.jp/
キャプチャ19
OCEANS(オーシャンズ)
http://oceans-ilm.com/
キャプチャ20

 服は 30 代のショップに引き続き、
 

歴代アメリカ大統領達に好まれた
BROOKS BROTHERS(ブルックスブラザース)
http://www.brooksbrothers.co.jp/
それよりも若め&最高級ラインの
Black Fleece(ブラックフリース)
http://www.brooksbrothers.co.jp/?s_cate2=7
キャプチャ21
英国王室御用達の
Aquascutum(アクアスキュータム)
http://www.aquascutum.co.uk/
http://www.renown.com/brand/aquascutum/
キャプチャ22
大人のユニクロ
Banana Republic (バナナリパブリック)
http://www.bananarepublic.co.jp/
キャプチャ23

などは外しません。

 その他有名どころとしては、

・20 代から使える
「TOMMY HILFIGER (トミーヒルフィガー)」

・コートやニットがおすすめの
「Ralph Lauren(ラルフローレン)」

・高級志向なら
「MACKINTOSH(マッキントッシュ)」
「Settefili Cashmere(セッテフィーリ カシミア)」

と、着られるブランドも
年齢を重ねるにつれて増えてきます。

 もちろんエルメスやブリオーニといった有名ブランドを買うのもありですが、
「価格」と「女性の好感度」が比例するわけでないので、
身の丈にあったものを選べば OK です。

まとめ

 3大シルエットから体型別、年代別にメンズファッションを解説してきました。

 ここでは「太っている人」「痩せている人」のための解説もしていますが、
一番いいのはダイエットなり筋トレなりで「身体を作ること」です。

 巷にあふれている服は「スタイルのいい人」が最も着やすく、
かつ最も似合うようにデザインされています。

 あなたの体が女性に幻滅されるか、ドキドキされるか、
「服を着ていた方がステキだった…」とがっかりされないためにも、
最低限、腹筋くらいは付けておくことをおすすめします。

 また、ブランドについても紹介しました。
ブランドについて重要なことはまず「ブランド名を覚える」ことです。

 ブランド名を覚えることで、自分の好きなブランドや傾向も分かってくるし、
同じ傾向のブランドショップを探しやすくなります。

 また、ブランドを着ると「自分は良いものを着ている!」と
自信が産まれ前向きになります。

 服に数千円プラスするだけで気持ちが前向きになり、
自信が持てるのでしたら、こんなに費用対効果の高い買い物はありません!


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for 年齢別おすすめファッション雑誌&ショップ

Leave a reply

Required fields are marked *