失敗しないコーディネート3原則&ブランドの着こなし方

コーディネート3原則

今回は、上下で服をコーディネートしてみましょう。

コーディネートするとき、 必ず守って頂きたい
「コーディネート3原則」があります。
ここではそれを順番に解説します。


[quads id=7]

なお、ここでは見やすいように原色を使っていますが、
実際にコーディネートするときは

「赤・青・黄・緑」といった
原色はなるべく避けてください。

原色は色が強すぎるため、
「派手そう」「ギラギラしてそう」
といったマイナス印象を女性に与えてしまうことが多いです。

そのため、メインの色は
「黒・茶・グレー・紺」といった落ち着いた色を選びましょう。

原則1:同系色で合わせる

「同系色」と「同色」は別です。
服は「同系色」で合わせるべきで、「同色」で組み合わせてはいけません。


[quads id=8]

キャプチャ
まず左側を見てください。
パジャマ? ジャージ?という印象ですよね。

上下で同色にすると、 どれだけデザインのいい服でも途端にダサくなります。

そのため、上下は同色を合わせるのではなく、
右のように「同系色」つまり、

似たような色を合わせるのが正解です。

原則2:柄物は一点のみ

柄物を使う場合は上下で同時に使ってはいけません。

キャプチャ2
左の図を見てください。
目が痛くなりませんか?

上下で柄物を使うと、
落ち着きのある服装とは言えません。

柄物を使う場合、上下どちらかだけにします。

原則3:色は3色まで

柄物は一点まで、ということならこの服はどうでしょう?
キャプチャ3

柄物は一点までという原則を守っているのに、
落ち着きがありません。

これは、使っている色が多すぎるためです。
一度に使う色は三色までです。

例として、まずシャツを一色に決めてみます。
キャプチャ4

ですが、これだけだとまだダサいので、

「ベルト」「マフラー」「鞄」「靴」などの小物で色を差します。

『どの色を差すか?』と悩むかもしれませんが、

「同系色」
「シャツのロゴやワンポイントで使われている色」

であれば間違いはありません。

キャプチャ5


[quads id=9]

以上のポイントを踏まえて、コーディネート例を実際に見てみます。

キャプチャ7
上半身は白とグレーの重ね着、
下半身はグリーンで『原則3:色は3色まで』にまとまっています。

キャプチャ8
上半身はグレーと柄物、下半身に黒。
『原則2:柄物は一点のみ』です。

キャプチャ9
帽子から靴まで、 全体を青の『原則1:同系色で合わせる』でまとめています。
シャツのロゴも青で揃えているので 統一感があります。

もちろん、柄物を重ねたり、
3色以上使っているモデルさんもいますが、 それは上級者だから出来ることです。

これを初心者がやろうとすると、
色が合わなかったり、体型と合わずに失敗してしまう可能性が高いです。

ですので、

まずは 3原則を守り、コーディネートの経験値を積んでください。

ブランド着用時の注意点

ブランドはデザイン・素材・知名度が良質ですが、
次の 2 点を守ってください。それは、

「ブランドロゴが主張していないものを選ぶ」
「全体のデザインがシンプルなものを選ぶ」

という点です。
キャプチャ11
『ブランドなんだから、ロゴをしっかり見せた方が好印象では?』
と思われるかもしれませんが、逆です。

ブランドロゴが主張しているデザインは、
確かにインパクトがあります。

でも、女性が持つ印象としては、
「この人、ブランド好きなんだ」
「派手そう」
「金遣いが荒そう」
「自分に自信が無いからブランドで固めていそう」
「ダサい」

といったマイナスイメージを持たれてしまう可能性が高いのです。

同じ理由で、
上下でブランドを着用することもおすすめしません。

この場合は、

メインにするブランドの服を 1 点選んだら、
ノーブランドの安価な服と合わせることで
全体としてのトータルバランスを整えます。

つまり、ブランドを取り入れる場合は、
キャプチャ12
このように、

「ブランドはシンプルなものを全体で 1 点だけ身に付ける」
「ブランドロゴは主張していないものを選ぶ」
「安価な服と合わせる」

という点に注意すると、
全体としてのバランスが良くなります。

このようなコーディネートをすると、
ブランドの服は日常的に着回しやすくなり、安価な服でもブランド効果で上質の服に見えます。

まとめ

「同系色を使う」
「柄物は1点まで」
「3色以内にまとめる」

コーディネートの3原則と、 ブランドを着るときの注意点をお伝えしました。

服だけでなく、靴や髪(帽子)も ファッションの一部と考えて、
コーディネートするとさらに統一感が出ます。

コーディネートに失敗しないためには

「落ち着いた色を使うこと」
「全体の色をまとめること」

が大切です。

『女性受けする服』という基準で服を選ぶと、 どんどん目が肥えていきます。

『このショップよりもあっちのショップの方が自分には合ってるな』
『この服にはこの色を合わせた方がいいな』
といったことも、自分で分かるようになってきます。

「暑いから」「寒いから」といった基準で服を選ぶのではなく、
デザインや色合い、質感で服を選ぶことに慣れていきましょう。


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for 失敗しないコーディネート3原則&ブランドの着こなし方

Leave a reply

Required fields are marked *