季節感でモテる男になる着こなし&小物

季節感でモテる男になる着こなし&小物

モテる男は季節感を演出できる

 女性は季節感に敏感です。 寒さに関係なく、冬になるとマフラーを巻きます。

 年間を通した着こなしから服のメンテナンスまでお話しします。

1 春・秋装いはこれ!

『ジャケット+襟付きシャツ+パンツ』
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a300
 春と秋は同じジャケットを活用することもできますし、 冬に近づいたときに肌寒くなれば、右のように、薄手のニットを ジャケットの下に着るスタイルもオシャレです。


[quads id=7]
 ジャケットの素材にも注意が必要です。「ウール」「綿」「薄手の綿」など色々な素材があります。

ウールジャケット・・・厚手で冬直前が好ましい
綿ジャケット・・・春・秋ベーシックとして着る
薄手ジャケット・・・夏前など暑い時に着用できるサマージャケット

 春夏秋冬によってジャケットの着こなし方も変わってくることをお忘れなく。

2 防寒+スタイリッシュのおいしいところ取りファッション

『アウター+薄手ニット+襟付きシャツ+パンツ』

 基本的なスタイルは秋と同じです。ポイントはアウターとジャケットの活用方法です。 10年前はジャケットの上にコートを着て、 着込むことで寒さをしのぐという発想でした。

 現在はピタッとしたアウターを肌に密着させて着ること。機密性を高めて、熱を逃がさない保温効果で温めるのがトレンドです。


[quads id=8]
 これにより、体のラインをより出したスタイリッシュな雰囲気も楽しめるのです。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a301
 左はキルティングジャケットと言われるアイテムです。イギリスの貴族が乗馬をするときの防寒具として開発されました。乗馬用だけあり、上品な雰囲気です。

 右は Pコートです。ショールカラーコートと呼ばれています。これはシングルボタンに小ぶりの襟がPコートぽくない雰囲気を演出して、定番アイテムとして人気があるのです。

3 冬に活躍するモテ小物

 冬限定で活躍するモテ小物を紹介します。『マフラー』『グローブ』『アスコットタイ』です。

マフラー
 ウール100%のボリュームが少ないマフラーが、巻くときに一番カタチ作りしやすいです。マフラーの巻き方が分からないから敬遠するというメンズは多いようです。 今回は2つの巻き方を覚えましょう。

巻き方①ワンループ

 まず、マフラーを2つ折にしてちょうど中心になる部分を首の後ろから掛けます。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a302
 画像のように片方の輪の中に端を通します。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a303
 街でよく見かける定番です。

巻き方②ストール風

 アクティブで遊び心がある巻き方です。 結び目が後ろにくるので、アウターの襟のボリュームを考慮しながら、巻き方を決めましょう。

 まず、マフラーの真ん中を首の後ろから掛けます。端をそれぞれ首の後ろに回します。首の後ろで、持ってきたマフラーの端をそれぞれ結びます。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a305
 このとき、マフラーの長さによってはさらに結び、端を短くします。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a306


[quads id=9]
グローブ

 オールレザータイプのグローブは中年に見えることがあります。オールウールタイプのグローブは少年に見えることがあります。オシャレ加減を考えると、レザーと何か別の生地を張り合わせた遊び心があるグローブが好ましいです。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a307
 こちらは半分レザー・半分ウールです。ウール部分の紺ストライプがスーツで使われる生地のように上品です。これなら、着用していて楽しいグローブと言えます。

アスコットタイ
 アスコットタイとはネクタイの一種です。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a308
 このように太ったネクタイみたいな形をしています。元々、スーツファッションで使われるアイテムですが、あえてカジュアルに取り入れることがオシャレのポイントとなります!
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310
 ネクタイのプレーンノットと同じ巻き方をします。最後の工程のみ、ノットの下にタイを入れず、 よだれかけのようにノットの上にタイを出します。そのまま、はみ出ている生地を全てシャツの襟の中に入れています。

 アスコットタイ初心者はベースカラーが良いです。さらに遊びたい場合は、ピンクなどアクセントカラーを使ったアスコットタイも技ありです。

4 夏に Tシャツは着るな!

 夏に何を着ればいいのか分からないという声をよく聞きます。確かに重ね着はできないので、一枚で勝負することが夏の醍醐味です。TシャツではどんなにオシャレなTシャツでも上品になり得ません。襟がないからです。

 そこで、提案したいアイテムがデザインポロシャツです。

『デザインポロシャツ+パンツ』
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311
 ポロシャツのイメージは「中年」「ゴルフ」などありますが、デザインポロシャツは違います。画像のようにタイトかつ、ショートで、ワンポイントデザインが入っているポロシャツを指しています。左・右は襟の裏に白とグレーのストライプがあります。中央はボタンの色がバリエーションに富んでいます。


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for 季節感でモテる男になる着こなし&小物

Leave a reply

Required fields are marked *