アクセントカラーのお洒落な挿れ方

アクセントカラーのお洒落な挿れ方

1 カラーの重要性

・カラー
⇒地肌の色・瞳の色・髪の毛の色によってどのような色が似合うのかという分析は確かにあります。パーソナルカラーといわれる分野で、イメージコンサルタントという職業の人たちは このカラー分析をします。


[quads id=7]
 ただ、そこまで考えずとも、モテるファッションで考えるべきは、ベースカラーとアクセントカラーの使い分けです。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

左 紺色ロングスリーブ・黒いベロアパンツ

中央 茶色コーデュロイジャケット・ページュチノパン・グレーロングスリーブ

右 黒色ブルゾン・ベージュチノパン・グレーロングスリーブ

 どの色使いも無難です。面白みに欠けてしまいます。メリハリがないので、オシャレとは言い難いです。

2 アクセントカラーをうまく使おう

 次に、アクセントカラーを巧みに使ったファッションをチェックしましょう。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

ベースカラー:紺ジャケット・ブルーデニム 
アクセントカラー:紫ロングスリーブ

中央
ベースカラー:カーキシャツブルゾン・ブルーデニム
アクセントカラー:靴オレンジ


ベースカラー:ベージュ・ブルーデニム 
アクセントカラー:ピンクシャツ・赤茶靴


[quads id=8]
 モテる色の合わせ方として、このように小さな面積を有効に活用してアクセントとなる色を身に付けています。

 また、メインを占める面積(ジャケット・パンツ)は、ベーシックな色で良いのです。別に茶色のジャケットだから、 茶系であるベージュのチノパンでないとダメというルールはないです。色に縛られないとはこういうことです。

 ファッションでいうベースカラーには本来、『黒・紺・チャコールグレー・こげ茶』4色と言われていますが、厳密に分けずとも、ベージュ・カーキなど着たときに派手にならない色も ベースカラーと考えてOKです。

3 遊び心を取り入れたファッションの良い例、悪い例

・遊び心
⇒オシャレと言われるデザイン。ディテール(細部)とも呼ぶ。

 遠くからみたときに明らかに 奇抜なデザインの服ってたまにありますよね。これは遊び心・ディテールとは呼ばず、奇抜と呼びます。ダメな例ですね。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37
右 和柄が全面に出て奇抜。
中 ボディ前面の柄が派手すぎ奇抜。
左 花の絵柄が左胸に大きくあるが、カワイイ感じがあり遊び心がある。

 以上は「柄」を使った遊び心です。


[quads id=9]
 次は素材を活かした遊び心をチェックしましょう。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38
 ベルトは通常、一枚のレザーで作ったものが多いですが、これは2色のレザーをダイヤの形にかたどり、編みこませている。ベルトの色合いも落ち着いているため、遊び心がある。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39
 襟の部分がコーデュロイ生地になっている。ボディはナイロンで、襟は違う生地になっていることで、 カワイイ印象がある。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310
 スタンドカラーの襟  
 通常のシャツよりも襟が小さく、襟を立たせることで通常の襟の大きさと同じにしている。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311
左 ジャケット袖の裏側に白いラインがある。折り返してラインを見せている。
右 ハンチング。黒い部分はレザーになっている。生地を変えることでメリハリが出る。

 遊び心の基本は「柄」「素材」というキーワードが出ました。「カタチ」という遊び心もあります。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312
 襟が丸いタイプです。かわいさが出ます。奇抜ではなく、遊び心を演出しましょう。

 以上、「シルエット」「カラー」「遊び心(ディテール)」 この 3点こそが服を選ぶ基準なのです。

シルエット…体のライン。丈の長さや胴周りの細さ、 腕の細さで決まることが多い。


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for アクセントカラーのお洒落な挿れ方

Leave a reply

Required fields are marked *