モテるジャケットの選び方

モテるジャケットの選び方

ジャケットの選び方

 ジャケットはパーティシーンで活躍したり、
きっちり決めたい時に必須アイテムとなるので、

一着は持っておいた方が良いです。

 ジャケットは、人によって緩めの方が良いかピッタリの方が良いか、
好みで分かれますが、 共通して守ってもらいたいことがあります。
それは

ラペル(襟)が細いものを選ぶ、ことです。

キャプチャ

 この写真のように
太いラペルはオシャレではありませんので注意しましょう。


[quads id=7]
 買うのであれば、BLACKBARRET(ブラックバレット)
細いラペルとタイトなディテールが非常にスタイリッシュです。

BLACKBARRET(ブラックバレット)
キャプチャ1

 体にフィットするタイトな作りが特徴で、体のラインがキレイに見えます。
そのため、細身でないと着るのが難しいです。

太っていて着られないのであれば、
まずは着るための身体作りから始めましょう。

 ジャケットは組み合わせるアイテムによって様々な表情を見せます。

・ブラックパンツに白いワイシャツを合わせればフォーマル
・デニムにTシャツを合わせればカジュアル
・帽子をかぶれば、また違った雰囲気に

パーティや合コン、またデートなど、シーンによって使い分けましょう。

冬の主役、レザージャケット

 冬はアウターが必須アイテムです。
特にモテるファッションを目指すのであれば、

レザージャケットは一着は持っておきたいものです。

 ナイロンやフェイクレザーとはまるで違う、 圧倒的な存在感を示します。
しかし、レザージャケットは高価なもの。そう簡単に手が出るものではありません。
例えば・・・
キャプチャ2

 こちらはファッションブランドとして最高峰の
Neil Barrett(ニールバレット)のレザージャケット。

 お値段、何と36万円!! 当然、手が出るわけがありません。
他のブランドを見ても、レザージャケットは10万円以上。

 そんな高いものは買えない、という場合がほとんどだと思うので、
もっとリーズナブルに買える
AVIREXのレザージャケットがお勧めです。


[quads id=8]
AVIREX(アヴィレックス)
キャプチャ3
 アヴィレックスはミリタリーアイテムとしても紹介しましたが、
レザージャケットもお勧めです。

 年によって牛革を使っていたり、馬革を使っていたりと
素材が変わるのですが、完全に本革で作られています。
それなのに、7~9万円程度で手に入ってしまうのですから、驚きです。

 アヴィレックスはディテールにも凝っており、
別のブランドで高いお金を出すよりも、ここで買った方が良いのでは?
と思えるものが多数そろっています。

 レザージャケットを買うなら、アヴィレックスで十分です。

 また、レザーを買うとき
ムートンジャケットやペイントが施されているものは
モテるファッションとはかけ離れてしまうので、
買わないようにして下さい。

 また、一着目は何にでも合う黒がお勧めです。
店員さんに別の色を勧められたとしても、これは守って下さい。

 レザーは着れば着るほど味が出るので、

次のシーズン、また次のシーズンと長く着ていきましょう。

ブーツで足元を固める

 予算がある人は、靴にもお金を掛けて下さい。
とくにブーツは何にでも合わせやすいので手に入れて下さい。

推奨はBUTTERO(ブッテロ)

 ファッション雑誌『Safari』などでもよく取り上げられていますが、
値段は6万円以上します。


[quads id=9]
BUTTERO(ブッテロ)
 標準的なブーツであればZARAやABC Martなどで済ませても構いません。
(ディテールやブッテロを参考にして下さい)

 逆に買って欲しくないのが

alfredoBANNISTER(アルフレッドバニスター)などの、
デザインが凝り固まっていて、主張が強い靴です。

足元だけ目立つという状態になってしまうので、 絶対にやめましょう。
キャプチャ4


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for モテるジャケットの選び方

Leave a reply

Required fields are marked *