女性に好かれる香水の付け方&付ける場所!

香水の楽しみ方

%e9%a6%99%e6%b0%b4
おすすめのポーチュガル4771

香水をつける量

 香水を付ける時に誰もが迷うのが、『どれくらいの量の香水を付けたらいいのか』ということです。これは、『香水の種類』によって付ける量もつけ方も違ってきます。

濃度の一番濃いパルファンは点。
オードトワレは線。
オーデコロンは面。

 このように付けると良いというのが香水業界の定説です。オードパルファンも線で付けるような感じです。


[quads id=7]
 パルファンは、香りが強いので、付けすぎると、よくおばちゃんとかにいる香水ぷんぷんな感じになってしまいます。香水は付けすぎると、人に不快な印象を与える可能性大なので、付けすぎには注意しなければいけません。

 パルファンを付ける時は、指先に数滴程度を取り、耳の後ろやうなじなどにトントンと叩くように付けると良いです。

 オードトワレは、パルファンよりも少し量を増やします。

香水をつける部位

 香水は、体温の高いところに付けると、温度の上昇によって柔らかな香りを放つので、体温の高いところに付けると良いです。体温の高いところというのは、脈が打つところなどです。静脈が通るところなんかそうですね。

体の部位としては、『耳の後ろ』『うなじ』
 
その他には、『胸』『ウエスト』『手首の内側(脈のところ)』
『ひじの内側』『指先』『太もも』『ひざの内側』『足首』

などに付けるのが一般的です。


[quads id=8]
 オードトワレは、付けたい場所にスプレータイプなら20cmほど放してシュッと1~2回ほど吹き付けると良いです。

 この場合、一箇所に付け過ぎないことが重要です。香りが強くなってしまいますので。付けるときは、体のさまざまな部位に付けるといいです。

 また、香りは下から上に上がるので、ほのかに香らせたいなら、膝裏や足首、ウエストなどに付けると良いです。また、ヘビーな香りが特徴の香水も、下半身に付けるようにしたほうが無難です。

 通りすがりやふとした瞬間に香る香りに女性は惹かれます。ほのかに香るくらいが一番好かれます。

TPOに応じて香水を使い分ける

 また、香水はTPOに応じて使い分けるのがデキる男のマナーです。食事などに行く場合には、付ける量を減らしたり、付ける場所にも気を遣ってください。

 食事の場合、ウエストよりも下の方に付ける方が良いです。ひじの内側や、指先などはにおいが自己主張し過ぎてしまい、食事の邪魔になってしまいます。

 化粧品会社の友人は、デートで食事に行くような時は、ひざ裏に付けたり、ハンカチや和紙に香水を1~2回吹き付けたものをポケットに入れておくと言っていました。

 ハンカチは、香水の色が付くことがあるようで注意が必要ですが、和紙ならば使い捨てが出来るので便利ですよね。食事前に和紙を捨ててしまえば、においはだいぶ消せます。


[quads id=9]
 デートに行く前は、待ち合わせの30分前に、ひじの内側とウエストを中心にオードトワレタイプの香水を付けると言ってました。ひじの内側などに付けておくと、デート中に一緒に歩いていてほのかに漂わせることが出来るからです。ひじの内側は相手の鼻により近い位置にありますから。

 外を歩くような時は、ひじの内側とウエストに付けるのがおすすめです。

 食事が終わりに近づいたら、トイレに行って、ハンカチにアトマイザー(香水を小分けにして使うビン)に入れた香水から1回吹き付けて、ハンカチの直接香水を吹き付けてない箇所で指先を拭くと言ってました。

 こうすることで、ほのかな香りを漂わせることが出来ます。

オーデコロンの使い方

 オーデコロンは、香水の中では一番持続時間が短いです。かといって、付け過ぎると、強烈な香りになってしまいますから、付けすぎには注意してください。

 オーデコロンも、オードトワレと同じような付け方で良いです。

『ウエスト』あたりや『ひざ裏』『足首』『太ももの内側』にシュッと1~2回吹き付けると良いです。

 あと、香水を全身均等に付ける方法もあります。それは、香水をシュッと頭上に吹き、落ちてくる香水の霧の中をゆっくりとくぐる方法です。

 これをやると、全身に香水のオーラをまとうような感じになります。この方法をやる時も、人に会う30分前などにやるようにすると良いです。


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for 女性に好かれる香水の付け方&付ける場所!

Leave a reply

Required fields are marked *