意外と知らない “香水”をつける前にすること!

ここでは、メンズ香水についてお伝えていきます。

同じ香水を A さんと B さんが使っていても、
Aさんは女性から
「わあ…あの人すてき…!!」と思われ、

Bさんは女性から
「うわっ!? くさい!」と思われることもあります。

同じ香水なのにこうも違った印象になるのは、
「香水の使い方」に理由があるのです。


[quads id=7]

香水の前にまず体臭対策!

香水を買いに行く前に、
まずやらなければならないことがあります。
それは、

「体臭対策」です。

「え? 香水は体臭と混ざり合って
香りが立つって聞いたけど…?」

確かに、香水は本人の体臭と混ざり合うことで、
その人独自の香りを作り出す効果はあります。

けれど、首筋や胸元、腋の下といった
汗ばむところに臭いや汗のケアをしないで
そのまま付けてしまうと、
不快臭と香水の香りが混ざってしまうので、
香水本来の効果が台無しです。

また特に体臭のキツイ人にありがちなのが、
消臭効果を期待して、
香水を過度に使用してしまう人がいます。

「いやいや、だって
香水は体臭を消してくれるんでしょ??」


[quads id=8]

では、想像してみてください。

毎朝、満員電車で一緒になる
体臭のキツイサラリーマンがいます。

ある日彼は自身の体臭を消そうと思い立ち、
強い香水を付けて出勤。
そして、満員電車であなたの傍に立ったら…

どうでしょう?

どうですか?

香水そのものは良い香りでも、
使い方によっては公害になることがあります。

香りは色と似てます。
どんどん重ねてしまってはやがて真っ黒になります。

そのため、香水を付ける時には、

必ず体臭のケアを行ってからにしましょう。

簡単なケア方法(身体編)

体臭の元は「汗・脂・皮膚に住む細菌」の
3つが主な原因です。

なので、一番簡単なケアは

「皮膚を清潔に保ち、菌を繁殖させないこと」


[quads id=9]

具体的には、

・寝汗をかいていたら、朝にシャワーで流す

・日中汗をかいたらこまめに拭き取る

・制汗デオドラント剤を携帯し、こまめに使用する

・洗顔・洗髪・デンタルフロスは欠かさず丁寧に

・耳の後ろが、加齢臭のポイントなので、綺麗に洗う

というポイントをまず押さえていきます。

01
日中の臭い対策を手軽に始めるのなら、

デオナチュレが簡単です。
デオナチュレ 男ソフトストーン W

売れている商品ですので、
一度は店頭で目にしたことがあるかと思います。

そして、汗の拭きとりはハンカチではなく、
消臭も出来るデオドラントシートを使いましょう。
02
Ag+ クリアシャワーシート 無香料

香りがあると香水と混ざってしまいますので、

無香料のものを選びます。

男性用もありますので、
よりさっぱりしたい人は男性用を使います。

簡単なケア方法(環境編)

また、体が発する臭いではなく、
衣類や室内環境が不快臭を放っている場合もあります。

たとえば、

・洗濯物を室内干しにしていないか?
・部屋は片付いているか?
・シーツや枕カバーは交換しているか?
・部屋の換気は行っているか?
・カーペットやマットは定期的にファブリーズしているか?

といったポイントをチェックしてみます。

布製品は汗や皮脂がしみこみやすく、
臭いの分子が繊維に絡みやすいです。

また、布製品を太陽にあてずに室内干しにすると、
どうしてもカビや臭いが発生しやすくなります。

布製品にはファブリーズをし、
部屋の片づけは定期的に行う。

これらを行うことで
室内環境からくる不快臭は大部分は軽減されます。

完全に体臭を絶つ!となると
食事内容や生活習慣、
メンズケア用品を一式そろえなくてはいけませんので、
まずは手軽にできることから始めてみましょう。

香水は、男の身だしなみの最後の仕上げです。

体臭・髪型・服装の基本が整わないうちから
香水に手を出しても無意味ですので、そこだけはご注意を。

いきなり香水に手を出すのではなく、
まずは基本的な身だしなみを整えることを忘れないでください。


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

0 comments for 意外と知らない “香水”をつける前にすること!

Leave a reply

Required fields are marked *