最低限のファッション4ルール

第1章:ファッション基本編

女性受けするファッションを目指す時に

最初に大事になるのが、
「最低限のファッション」です。

では、この「最低限のファッション」とは具体的にどういったものか?


[quads id=7]

まず、
ファッション=服を着るということ
で注意しなくてはいけないことがいくつかあります。

そしてその注意点を守ることこそが
「最低限のファッション」です。

1 清潔感
2 サイズの合った服を着る
3 身だしなみを整える
4 だらしなくない

これらは基本中の基本です。
これがしっかり出来てないと、
どんなに値段の高い服を着ていても、女性に好意を持たれることはないです。

つまり、ファッションの軸です。
非常に大切なことなので、しっかりと復習してください。

清潔感

『汚れた服や破れた服を着ない』 ということです。

ただし、軽くダメージ加工をした
デニム(ジーンズ)などは問題ないです。

キャプチャ

ダメージ加工のものなどは
清潔感がなくならないように注意してください。

判断が難しい場合は、

この写真程度のダメージ加工ぐらいの
ダメージ加工のデニム(ジーンズ)を購入してください。


[quads id=8]

汚れた服を着ていると、あなたの普段のイメージが
「きっと部屋も散らかってて不潔なんだろうな」 となりがちです。

実際には違ったとしても、一度こう思われてしまうと、
女性となかなか親密な関係にはなれないこともあります。

それを避けるためにも、
ボロボロな服や汚い服を着ることは絶対に避けてください。

サイズの合った服を着る

これも基本中の基本です。
一着10万円のサイズの大きなジャケットを着るなら、

一着1万円でサイズがピッタリなジャケットを
着る方が相手に好印象を与えます。

まずは自分に合ったサイズを把握するために、
自分の体形をしっかりと把握してください。

自分のサイズより大きい服を着ている男性が多いですが、

ジャストサイズを着るようにしてください。

大きめのサイズは着ないように注意してください。

*あなたが太っている場合はお腹を隠すため
大きめの服を着てください。


[quads id=9]

注意するポイントとしては、
服のブランドによって
同じMサイズでも大きさが変わる場合があるということです。

だからあなたがいつもMサイズを買っていたとしても、

試着してサイズは必ず確認してください。

ネットで服を買う場合でも
一度その服が近くのショップに置いていないか確認してから、
ネットで服を買う方がいいです。

◆例◆

ブランドAの服をネットで買う場合、
近くのブランド Aのショップで試着してから買います。
*ネットで服を買うと、ショップで買うよりも安く変える場合があります。

あなたの気に入った服があったとしても、
あなたのサイズがなければ買わない方がいいです。

よくMサイズが自分のサイズなのに、
Lサイズしか売ってないからといって、
Lサイズの服を買ってしまう人がいますが、
気に入ってもあなたのサイズがなければ買わないようにしてください。

大きめの服を着ている男性は
お洒落な女性からはダサいと思われるからです。

気に入った服があったら、
サイズがなくても買ってしまいたくなりますが、
そこは絶対に我慢してください。

身だしなみを整える

身だしなみとは、服を着る前の状態です。
つまり、

鼻毛や髪型、爪が伸びきっていないか
などの細かい部分のことです。

せっかくキレイな服を着て、サイズもピッタリなのに、
髪の毛が伸びきって汚かったら、元も子もありません。

食材でもそうですが、
いざ調理をする前に必ず一度洗いますよね。

服を着る前に、しっかりと素材(自分そのもの)の
手入れをしなければいけません。

きちんと、手入れをして、服を着る下準備をします。

だらしなくない

服がよれていたり、
パンツのゴムがビロビロに伸びきっていたり、
靴下に穴が空 いてたりしているのなら、
あなたは要注意です。

女性はこういうだらしない男性をかなり嫌がります。

まずは、以上のことをしっかりと守ることが
ファッションで躓かないための第一ステップです。
これらを意識して次のステップに進んでください。


▼峯武士 公式SNSはこちら▼


imgresimgres-1imgres-2

Tags:

WMP

0 comments for 最低限のファッション4ルール

Leave a reply

Required fields are marked *